AI 営業

近年、AI(人工知能)の研究が進んでおり、さまざまな分野に活用されるようになりました。企業の営業活動においてもAIを用いたツールが採用されています。AIによる営業支援ツールは、営業活動の多岐にわたる部分を自動化することが可能です。

そこで、この記事ではAI機能を搭載した営業ツールでできることやおすすめのツールをご紹介します。ツール導入の際のメリットやデメリット、注意点などもご説明しますので、これから営業ツールを導入したい場合は、参考にしてください。

この記事を最後まで読み進めることで、AI機能を搭載した営業ツールの理解が深まります。

 

AI機能を搭載している営業ツールは業務の自動化や効率化ができる

AI 営業ツール
AI機能を搭載した営業ツールは、営業活動の管理や提案などの支援が可能です。また、営業活動を支援するSFA(Sales Force Automation)にAIが採用されることがあり、業務の自動化や効率化ができます。AI機能を搭載するSFAでは主に以下のような業務を自動化します。

  • 顧客管理(訪問履歴や購入履歴など)
  • 行動管理(訪問件数やコール件数とその内容)
  • 日報管理(スマートフォンでも管理可能)
  • 日程管理
  • タスク管理
  • データ分析・レポート(売上げの予測や営業計画)

以上のことからAIを搭載した営業ツールは、管理に加えて提案も可能になります。たとえば、AIの機械学習により、過去のデータから見込み客のピックアップができます。それから、顧客対応ではチャットボットにより、無人対応か有人対応を判断して人的なコストを最小限におさえることも可能です。このようなさまざまな機能により、営業活動が効率化されていきます。

 

AI機能を搭載しているおすすめの営業ツール9選

AI 営業ツール おすすめ
ここからは、AI機能を搭載しているおすすめの営業ツールをご紹介します。今回は厳選して10種類のツールをピックアップしました。

ツール名 特徴 無料トライアル期間の有無
Sansan シンプルな法人向けクラウドサービス 有(最大1ヶ月、ほぼすべての機能が使用可能)
GeAIne 問い合わせフォームやメールへの営業を自動化 有(1週間)
Saleasforce 世界最大級のCRMプラットフォーム 有(30日間)
Musubu 見込み客をリスト化 有(1ヶ月、企業情報を30件までダウンロード可)
Sales Force Assistantシリーズ AI秘書が営業スタッフを1人ひとりサポート 有(30日間、7製品の同時利用可)
SALES BASE インサイドセールスの早期導入を可能にする
Senses AIが営業案件の情報を管理
Dynamics 365 業界に特化したソリューションを提供
CCReB AI 法人営業の必要事項を瞬時に把握 有(3日1週間程度)

以上、10種類のツールについて、それぞれの特徴をご説明します。新規開拓や販路拡大など自社のニーズにマッチするのか比較してみてください。

 

①Sansan|シンプルな法人向けクラウドサービス

Sansan
引用:Sansan 公式HP

Sansanは、法人向けのクラウドサービスであり、名刺のスキャンだけでデータベース化できるツールです。スキャナーなどから読み込んだ名刺がツールに送られて、AI技術によりデータベース化していきます。

なお、読み取り処理をオペレータが行い、AIを活用すると100%に近い精度でデータベース化が可能です。データベースはスマホやタブレット端末で共有することもできます。

 

②GeAIne|問い合わせフォームやメールへの営業を自動化

GeAlne
引用:GeAlne 公式HP

GeAlneは、問い合わせフォームやメールへの営業を自動化できるツールです。問合せフォームへの営業はキーパーソンの目に留まることが多いため、自動化しながら成果を向上させることが可能です。

また、複数の営業文章から成約などの効果が高いパターンを効果測定して、営業メールに活かせます。見込み客のリストアップなど、営業活動をトータル的に支援してくれるツールといえます。

 

③Salesforce|世界最大級のCRMプラットフォーム

Saleasforce
引用:Salesforce 公式HP

Saleasforceは、世界有数のCRM(顧客サービス管理)プラットフォームです。企業規模や業種を問わないツールとして数多くの企業が導入しています。マーケティングオートメーション、カスタマーサポートの本格的なクラウドサービスであり、業種に合わせたカスタマイズも可能です。

導入サポートや初心者向け活用リソースも提供しており、ツールの導入の際にも安心感があります。また、公式HPではさまざまなコンテンツが提供されているため、ツールの導入前後に活かすことが可能です。

 

④MUSUBU|見込み客をリスト化

Musubu
引用:Musubu公式HP

Musubuは、AIを利用して見込み客をリスト化できるツールです。AIがすでに成約となっているデータの分析や学習によりデータベースから見込み客を提案してくれます。

また、数百万社以上のデータベース、さらに絞り込み条件を使って、重複せずに見込み客をリスト化することが可能です。

 

⑤Sales Force Assistantシリーズ|AI秘書が営業スタッフを1人ひとりサポート

Sales Force Assistantシリーズ
引用:Sales Force Assistant 公式HP

Sales Force Assistantシリーズは、AI秘書が営業スタッフの1人ひとりをサポートするツールです。商談内容などが一日一覧の形で可視化されて、上司の指示なども簡単に入力できます。

また、カスタマーシートやコンタクトマップ、リレーションマップを使うことで顧客やキーパーソンのつながりが可視化されます。営業の効率化を存分に発揮できる機能が豊富なツールです。

 

⑥SALES BASE|インサイドセールスの早期導入を可能にする

SALES BASE
引用:SALES BASE 公式HP

SALES BASEは、国内の400万社の企業情報が保存されており、選出精度の高い見込み客へのインサイドセールス(電話やメール、チャットなどによる営業)を早期に実現します。

見込み客のリストアップは、テレアポデータからAIが絞り込むため、テレアポ率も高まります。なお、料金は見込み客への提案が許可状態になったら発生する成果報酬型です。

 

⑦Senses|AIが営業案件の情報を管理

Senses
引用:Senses 公式HP

Sensesは、AIが進行中の案件のリスクなど情報を管理してくれるツールです。</span類似案件の提示もあり、AIの分析による直接のアドバイスを参考にすることができます。

また、各営業スタッフの進捗を直感的に共有できる案件ボードは、組織のリモートワークを円滑に進めることが可能です。OCR機能(文字認識)をスマホで活用すると、名刺などの自動文字起こしができます。

 

⑧Dynamics 365|業界に特化したソリューションを提供

Dynamics 365
引用:Dynamics 365 公式HP

Dynamics 365は、Microsoft社が提供するツールです。営業やマーケティング、人事、財務など多岐にわたる分野のツールを展開しています。

たとえば、販売ツールの「Microsoft Dynamics 365 Sales」では、予測的なインサイトを通じて成果を向上することが可能です。過去の成約状況から優先度に応じて、次にとるべき行動が具体的にわかります。

Dynamics 365は多岐にわたる製品があり、業界に特化したソリューションを提供できるツールです。

 

⑨CCReB AI|法人営業の必要事項を瞬時に把握

CCReB AI
引用:CCReB AI 公式HP

CCReB AIは、AIが 中期経営計画や有価証券報告書にアプローチして、法人営業に必要なことを瞬時に割り出してくれるツールです。中期経営計画から不動産ニーズを抽出、有価証券からはキーパーソンや不動産の賃借先を抽出します。

特に中期軽々計画は適時開示後の最短1日で解析が可能となっており、スピーディーな営業活動につなげることが可能です。

 

AIによる営業支援ツール導入時の3つのメリット

AI 営業ツール メリット
AIによる営業支援ツールを導入すると、以下の3つのメリットが生まれます。

  1. 顧客とのやり取りに集中できる
  2. 人手不足が解消できる
  3. 効率的な営業ができる

前述のとおり、AIによる営業支援ツールは、営業活動の自動化や効率化が可能です。具体的にみていくと、顧客とのやり取りに集中できる、人手不足の解消などを含めて効率的な営業につながります。それでは、それぞれのメリットについて詳しくご説明します。

 

①顧客とのやり取りに集中できる

AIによる営業支援ツールを導入することで、営業スタッフは人間しかできない業務に集中できます。たとえば、顧客との対面による商談やサポートなどに注力できるでしょう。人間が行うと手間がかかりがちな事務作業をAIに任せて、顧客対応に注力すると成約率なども向上します。

また、AIにこれまでの成功事例を解析してもらえば、成約率の高い案件を割り出して貰うことが可能です。優先度の高い顧客から順にじっくりと対応することで、成果も充実していきます。

 

②人手不足が解消できる

近年、さまざまな業界で人手不足が叫ばれています。特に営業職であれば新規営業の業種は離職率も高く、人材確保に苦労しているでしょうそこでAIによる営業支援ツールを活用すると、営業活動に注力できるため、少人数であっても成果を継続することが可能です。

これまで営業アシスタント職を採用していた企業であれば、多くの業務をAIによる支援ツールに代替えができるでしょう。人材不足に悩んでいる企業であっても、ツールを使うことで課題の解消と成果の向上を実現することが可能です。

 

③効率的な営業ができる

AIによる営業ツールを導入すると、データにもとづいた効果的な営業ができます。前項でさまざまなツールをご紹介しましたが、AIによってさまざまな提案がなされるものばかりです。

既存顧客の行動履歴、営業スタッフのアポイント履歴など、幅広いデータから精度の高い見込み客がリストアップできる点はAIならではのメリットになります。AIはデータの分析だけではなくそこから学習をするため、より精度の高い提案ができるわけです。

 

AIによる営業支援ツール導入時の3つのデメリット

AI営業ツール デメリット
AIによる営業支援ツールはメリットばかりに目が行きがちですが、覚えておきたいデメリットがあります。

  1. 費用やコストが必要
  2. セキュリティの危険性が高まる
  3. トラブルの原因の特定が困難

当然ながらツールの導入には費用などがかかります。また、セキュリティ面では危険性についておさえておきたいとことです。AIを活用するという特徴から、トラブルの特定が困難なケースもあります。

これらのデメリットを詳しくご説明しますので、しっかりと把握しましょう。

 

①費用やコストが必要

AIによる営業支援ツールは、初期費用や月額料金などの費用がかかります。また、導入までに時間がかかることも覚えておきたいところです。費用に関しては、1ユーザーあたりの課金、機能による料金プラン、成果報酬型などツールにより異なります。

よって、予算内で最大限の効果が期待できるツールを選ぶことがポイントです。ツールによりカスタマイズすることも可能ですが、オプションを追加することで想定よりも割高になることもあるでしょう。

特に社内にツール関係の専門知識が蓄えられていないならば、無料トライアルを活用して費用と機能面を比較することをおすすめします。

ちなみに、営業代行サービスを行っているSakuSakuはコストが低くCPA(顧客獲得単価)を抑えられる可能性が高いです。ぜひ営業効率を向上させるためにSakuSakuを検討してみてはいかがでしょうか。

今すぐSakuSakuを利用する

 

②セキュリティの危険性が高まる

AIは社内外のさまざまなネットワークの情報を使って管理や提案を行うため、情報漏洩などのリスクがあります。具体的には、外部からのハッキング被害、内部からの情報漏洩などセキュリティの危険性があります。

そのため、ツールを選ぶときはセキュリティ対策の内容や、サポート体制などは事前に確かめておきたいところです。社内ではツールの取り扱いに関して研修や学習をすることで、セキュリティ面の意識が高まります。

 

③トラブルの原因の特定が困難

AIは非常に優れた能力から自律的に答えを導き出しますが、その過程がわかりにくくなっています。いわゆるブラックボックス化している状態であるため、トラブルの際は原因の特定が困難です。

トラブルが発生しても、現状ではAIに関する法整備も整っておらず、AIの開発元や製造元に法的な責任を追求することが難しい場合があります。ですから、導入前にはトラブル発生時の対応も確認しておいてください。

 

AI機能を搭載した営業ツール導入時の注意点

AI営業ツール 注意点
AI機能を搭載した営業ツールは、効率的に営業の成果をだせるものです。ツールを導入するときは、その特徴や機能、費用を十分に検討する必要があります。そして、自社でどのように活用していくかを明確にすることがポイントです。

ツールの比較検討や導入目的が曖昧になると、導入後に成果がでないことが考えられます。AIを搭載した営業ツールは、あくまでも機械的なものによる営業代行という点を覚えておきましょう。

SakuSakuはAIではなく、人の手によって営業代行を行います。優秀なアシスタントが、企業の信頼性を損なわずに営業活をすることが可能です。目視チェックによるオーダーメイドの営業リスト作成、文面作成やABテストなど幅広く支援します。ぜひ、この機会にSakuSakuをご検討ください。

今すぐSakuSakuを利用する

 

まとめ:AI営業ツールを導入し効率的に活動しましょう!

AI 営業ツール
AI営業ツールを導入することで、営業活動の自動化や効率化につながります。現在、さまざまなツールが提供されており、それぞれに特徴があります。ツール選びでは、料金や機能面、セキュリティ対策、サポート体制などを比較して選んでみてください。

ただし、AIを搭載したツールはあくまでも営業を支援するツールであり、導入後に何を解決したいかを明確にすることが大事です。注意点やデメリットなどを考慮して、自社に最適なAI営業ツールを導入してください。