2022.05.09

「メールでの営業代行を頼みたいけどどこが良いかわからない」「メール営業代行を依頼するメリットはあるの?」という疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そのようなあなたのために、メール営業代行を利用するメリットから、自社でメール営業をするメリットを解説します。

最後にはおすすめのメール営業代行サービスをご紹介するので、ぜひご覧ください。

メール営業で成果が出せず悩んでいる方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する

メール営業代行を利用するメリット

スマホに届くメール

メール営業代行を利用するメリットは下記の3つです。

  • リストの作成を任せることができる
  • 文面を作成してもらえる
  • 送信する手間を省ける

リストの作成を任せることができる

多くの営業代行サービスではアタックリストの作成を依頼することができます

そのため、今までであれば自社で検索をしたり、名刺を集めたりと時間がかかっていた作業をなくすことが可能です。

作成時には依頼者側の要望を反映して、企業の情報を集めるので、より確度の高いリストを作成することができ、効率的な営業活動ができるようになります。

文面を作成してもらえる

メール営業を依頼すると、リストの作成だけでなく、営業文面の作成も代行してもらえます

プロのライターが文面を作成してくれることも多いので、アポに結びつく可能性を高めることが可能です。

A/Bテストなどを行ってもらうこともできるため、よりアポ率の高かった文面を使用して営業活動を行なってもらうこともできます。

送信する手間を省ける

自社でメール営業をする際には、膨大な量のリストの中からメールを送らないといけないため、送信に手間がかかります。

そこで代行を依頼することで、メールの送信にかかる時間を削減でき、他の営業活動に時間を使うことが可能です。

顧客の対応などに時間をかけることができるようになれば、顧客満足度を高めることができ、継続的な発注にもつながるでしょう。

メール営業代行を利用するデメリット

悩む女性

メール営業代行を利用するデメリットは下記の2つです。

  • 依頼開始までに時間が必要
  • 費用がかかる

依頼開始までに時間が必要

営業代行を利用する際には、依頼をしてから打ち合わせやリストの作成など、業務を開始するまでに多くの時間が必要になります。おおよそ1〜2週間ほどかかることも多いです。

そのため、すぐに依頼を開始することができない場合があります。もし、すぐに依頼を開始してほしいという場合には対応してくれる企業を探すか、自社で行うのがベストでしょう。

費用がかかる

営業代行を依頼すると時間効率は良くなりますが、費用がかかります。報酬形態には固定報酬型と成果報酬型があり、依頼する会社によって異なります。

固定報酬型は1件30円のような価格設定で、成果報酬型はアポ1件に月1万円のような価格設定です。

少ない件数の依頼で成果が出るようなものであれば、費用対効果も良いですが、件数が増えてしまうとその分高額な報酬の支払いが必要になるので注意しましょう。

自社でメール営業を行うメリット

スマホをいじる男性

自社でメール営業を行うメリットは下記の2つです。

  • コストを抑えることができる
  • 営業を即日始められる

コストを抑えることができる

自社でメール営業をすると社員に払っている給料のみで行えるので、他にかかる費用がなくコストを抑えることができます。

しかし、多くのメールを送るのに時間がかかってしまうため、作業効率は良くないといえるでしょう。

営業を即日始められる

すぐにでも営業を始めたいという案件の場合には、打ち合わせなどの時間を要することができないため、代行を依頼すると間に合わないことがあります。

そのような場合には自社でメール営業を行うことがおすすめです。リストさえあれば即日で営業を始めることができますし、社内でのコミュニケーションも取りやすいので、円滑な作業もできます。

自社でメール営業を行うデメリット

悩む男性

自社でメール営業を行うデメリットは以下の2つです。

  • リストの作成などに手間がかかる
  • ツールを使わないとメールの送信に時間がかかる

リストの作成などに手間がかかる

自社でメール営業を行う場合にはリストを自分達で用意する必要があります。リストの作成は、Google検索や今まで集めてきた名刺などから行いますが、手間がかかります。

もし、起業したてで今までのコネクションなどがない場合にはさらにリストの作成に手間がかかってしまうこともあるでしょう。

また、ツールなどを活用してリストの作成を行うこともできますが、ツールの導入にコストがかかってしまうため、費用をかけられないという方にはおすすめできません。

ツールを使わないとメールの送信に時間がかかる

メールを送る際には問い合わせフォームを利用することが多いため、企業のホームページを検索して、問い合わせフォームへ入力をしてという手間がかかります

そのため、営業文面を一社へ送るのに数分かかることも多いです。そうすると1日で作業できる数が限られてくるため、非効率的になってしまいます。

そこでツールを利用すると自動的でフォームへ送信することができ、効率的なメール営業が行うことが可能です。こちらもコストがかかるので、費用をかけたくないという場合には手動での送信を検討しましょう。

メール営業代行を依頼できる企業・サービス3選

3人で話し合う男女

メール営業代行を依頼できる企業・サービスは下記の3つです。

  • 開封率の高い問い合わせフォーム営業を依頼できるSakuSaku
  • 豊富な実績で安心できる株式会社アイランド・ブレイン
  • 決済者の目に留まるようにフォーム営業を行うGeAIne

開封率の高い問い合わせフォーム営業を依頼できるSakuSaku

公式サイト https://corp.sakusaku.site/
サービス内容 フォーム営業代行
プラン 初期費用 50,000円
料金 40円~/1件
契約件数 2000件~
契約期間 なし

SakuSakuでは、開封率の高い問い合わせフォーム営業を活用して、多くのアポイント獲得をサポートします。

採用倍率70倍の中から選ばれたパートナーがフォーム営業を行うため、高い反響が期待できます。

リストの作成や文面の作成も代行するため、依頼者に負担をかけることはありません。

気になった方は下記のボタンから資料請求をしてみてください。

今すぐSakuSakuを利用する

豊富な実績で安心できる株式会社アイランド・ブレイン

公式サイト https://www.islandbrain.co.jp/
サービス内容 フォーム営業代行
テレアポ代行
プラン アポイント1件につき16,500円(税別)

アイランドブレインは累計75,000件以上の実績があり、幅広い業態に対応している営業代行会社です。フォーム営業だけでなく、テレアポ代行も行っているなど業務内容も多岐にわたります。

営業コンサルタントが会社の営業戦略の立案を手伝ってくれるサービスもあるため、営業をかけるだけでなく、改善策の提案もしてもらえます。

報酬形態はアポイント1件につき16,500円(税別)がかかる成果報酬型なので、アポが取れるまでは料金がかかりません。

決裁者の目に留まるようにフォーム営業を行うGeAIne

公式サイト https://the.geaine2.jp/
サービス内容 フォーム営業代行
プラン ビジネス   ¥40,000/月
スタンダード ¥67,500/月
ハイエンド  ¥80,000/月

AIが受注リストを解析して、傾向にあったリストを作成し、問い合わせフォーム営業を行うのがGeAIneです。

問い合わせフォームから営業を行うことで決裁者の目に留まりやすくなることを利用して、より多くのアポの獲得を目指します。

簡易レポート機能もあるので、アポイントの獲得件数やクリック数なども確認が可能です。

まとめ

 

メール営業代行を依頼するメリットには下記のようなものがありました。

  • リストの作成を任せることができる
  • 文面を作成してもらえる
  • 送信する手間を省ける

営業代行を依頼すると費用がかかってしまいますが、その分自社でかかる手間を省くことができるので、他の業務に時間を割くことができるようになります。

ぜひ今回の記事を参考に、あなたの会社の悩みを解決する営業代行を探してみてください。

メール営業で成果が出せず悩んでいる方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する