【保存版】営業代行は個人事業主も活用すべき?メリット・デメリットや導入前に確認すべき5つのポイント

予算やリソースに余裕のある企業に比べ、余裕のない個人事業主でも、営業代行を活用すべきなのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。確かに営業代行の活用の仕方を誤れば、経理面で大きな負担がかかりデメリットになる可能性があります。

しかし、営業代行を上手く活用することで売上の最大化も期待できるでしょう。本記事では、そんな個人事業主が営業代行を活用するメリット・デメリットや、営業代行会社を選ぶ際に確認すべきことを紹介します。

この記事を読み個人事業主が営業代行を上手く活用する方法を知ることで、自社に合った最適な営業を効率的に行えます。ぜひ参考にしてみてください。

 

営業代行の主な業務内容は?営業代行会社によって対応範囲は異なる

営業代行の主な業務内容は?営業代行会社によって対応範囲は異なる

営業代行は依頼者にかわり、営業力を備えた営業担当者が自社商材の営業を行うサービスのことです。しかし、その対応範囲は営業代行会社によってさまざまです。営業代行会社が行う業務のうち、主な業務内容は以下の通りです。

  • 新規開拓営業
  • マーケティング戦略の提案・実行
  • 既存顧客へのアプローチ・フォロー
  • テレアポ


見込み客への営業だけではなく、既存顧客フォローやマーケティングなどにも対応してくれる営業代行会社も存在します。これは、営業代行に特化している営業代行会社だからこそできる手厚いサービスです。

 

新規開拓営業

営業代行を利用する人の多くが目的としているのは、この新規開拓営業といっても過言ではないでしょう。営業代行を依頼すれば新規顧客を必ず獲得できるわけではないものの、自社の営業とは違ったアプローチ方法をすることで、新規契約を獲得できる可能性が高まります。

また、営業活動のノウハウも持ち合わせている営業担当者に依頼することで、自社で新規開拓営業に時間を割かずして営業効率も向上します。

 

マーケティング戦略の提案・実行

マーケティング戦略の提案・実行も、主な営業代行の業務の1つです。これはコンサルティングのようなもので、自社営業の課題や効率を見極めた上で改善・強化を行います。

例えば、

  • 営業戦略策定
  • 自社商材のマーケットリサーチ
  • 営業マニュアルの改定
  • 自社営業担当者の育成

 

などが挙げられます。マーケティング結果もフィードバックしてもらえるため、その後に活かしやすく、情報が少ない新規事業での利用にも最適です。

またマーケティングのみならずインサイドセールスまで担当する営業代行会社もあり、マーケティング戦略の情報を元に商談まで結び付けて、受注の獲得まで導きます。

ただし、マーケティングは営業代行会社の質によって大きく変わるため、営業代行会社が自社の商品やサービスとマッチするか確認しておく必要があります。

 

既存顧客へのアプローチ・フォロー

既存顧客へのアプローチ・フォロー

既存顧客へのアプローチ・フォローも営業では大切な業務で、こちらも主な営業代行の業務の1つです。既存顧客との取引維持や、取引拡大のための関係構築アプローチなども支援してもらえます。

また細やかなアフターフォローや、こまめなコンタクトにも注力してもらうことで、既存顧客にとの間に信頼関係が生まれ、良好な関係も築けます。これは自社の利用機会の創出を見込めるとともに、他社への切り替え防止にも活用が可能です。

 

テレアポ

テレアポは、見込み客から電話でアポイントを取得して商談につなげる営業手法で、営業代行会社に依頼できます。テレアポの経験が豊富で、専門的な訓練を積んだオペレーターが担当するため、ある程度のアポイント成果が期待できるでしょう。

またテレアポを営業代行会社に依頼することで、自社営業担当者は商談や他の業務に集中できます。そのため、営業活動の効率化が見込めます。

 

営業代行を個人事業主が活用する際の3つのメリット

営業代行を個人事業主が活用する際の3つのメリット

営業代行は企業のみならず、個人事業主が活用する際にもメリットがあります。その主なメリットは以下の3つです。

  1. 営業担当者を採用・教育のコストカットができる
  2. 率先力のある人材を短時間で確保できる
  3. 自社営業活動の弱点を強化できる


上手く活用することで、個人事業主も効率的な営業活動が行えます。

 

1.営業担当者を採用・教育のコストカットができる

個人事業主が営業代行を活用することで、営業担当者を採用したり、その後に教育したりする手間が省けるためコストカットにつながります。

自社の営業人員を増員するには求人を出すための費用、採用後の教育コスト、そしてこれらに費やす時間にも費用が発生してしまいます。また人手が十分でない場合は、十分な教育体制を取れない可能性も考えられるでしょう。

営業代行会社を活用すれば経験豊富な営業担当者のノウハウを間近で確認でき、自然と自社の営業担当者への教育にもつながります。大手企業と違い、少しでもコストカットしたい個人事業主にとっては大きなメリットといえるでしょう。

 

2.率先力のある人材を短時間で確保できる

自社サービス・商品の売れ行きが良好で急に営業が必要となった場合にも、営業代行を活用すれば率先力のある人材を短時間で確保できます。もちろん余裕があれば自社で長期的で営業ができる人材を採用し、育成することもメリットがあります。

しかし人手不足や、営業ノウハウがある人材がいないなどの理由で、チャンスを逃すわけにはいきません。即戦力のある営業人材がいる営業代行を活用することで、十分な人材が揃っていない個人事業主のニーズも迅速に満たしてくれます。

 

3.自社営業活動の弱点を強化できる

人材は足りているにも関わらず、自社のサービス・商品が思ったように売れない理由は営業方法に問題があると考えられます。営業代行サービスを利用することで、自社だけでは気付けなかった弱みを発見でき、弱点の改善や強化にもつながります。

また、自社では取り組むことが難しかった販路開拓にも取り組むことも可能です。市場の拡大も期待でき、営業代行活用中に得たノウハウも利用することで自社の強みを増やせるメリットもあります。

 

営業代行を個人事業主が活用する際の3つデメリット

営業代行を個人事業主が活用する際の3つデメリット

個人事業主が営業代行を利用する際のメリットは大きいですが、デメリットもあります。以下の3つが個人事業主が営業代行を活用する際のデメリットです。

  1. 独自ルールが多いと把握しきれずにトラブルの原因になる
  2. 信頼できる代行会社であるかを見極めるのが難しい
  3. コストがかかる

 

デメリットを知った上で営業代行を活用することで、トラブル想定して避けるとともに、どう活用するのが自社にとってベストなのかが見えてくるため、事前に確認しておきましょう。

 

1.独自ルールが多いと把握しきれずにトラブルの原因になる

企業や個人事業主に限らず、個々に独自のルールを設けていることも多いです。もちろんルールを多く設けていること自体は問題はないですが、営業代行を活用する際にはルールが多過ぎる場合、トラブルを招いてしまう可能性が高まります。

仮に細かいルールを営業代行側が把握しきれていない状態で営業代行を行った場合、見込み客を失ったり既存顧客ともめたりと、予期せぬトラブルが発生するケースも考えられます。だからといってルールを守っているかを随時自社で管理するのは難しく、ルールが多い場合はデメリットになる可能性が高いでしょう。

 

2.信頼できる代行会社であるかを見極めるのが難しい

人材不足で営業代行を活用する個人事業主の場合、ただでさえ人手不足のため、営業代行会社の営業担当者がどのように営業を行っているかを逐一確認することは難しいです。そのため知らない間に自社の信用を落とす業務を行っている可能性もあります。

例えば結果としては商談まで結び付けたけれど、強引な方法で営業していた、というケースも考えられます。まずは依頼する営業代行会社が、信頼できる代行会社かどうかを見極めることも大切です。

 

3.コストがかかる

当たり前のことではありますが、業務を外部に依頼すれば自社で行うよりコストがかってしまいます。また営業代行に支払う料金形態も固定報酬型・成果報酬型・ 複合型などがあり、それによってもコストは大きく変化するでしょう。

適切な料金形態を選ばないと、売り上げより高い費用が発生する可能性もあります。さらに営業代行に頼り過ぎてしまうと、やめてしまった途端に売り上げが減少することも考えられます。すべてに依存するのではなく、効率的に活用しないと大きなデメリットになってしまうでしょう。

 

個人事業主が営業代行会社を選ぶ際は要注意!確認すべき5つのポイント

個人事業主が営業代行会社を選ぶ際は要注意!確認すべき5つのポイント

営業代行を選ぶ際にはいくつか注意すべきことがありますが、個人事業主だからこそ確認して欲しいことがあります。その確認して欲しいポイントは、以下の5つです。

  1. 自社の商品や顧客ニーズに対応できる営業代行会社かどうか
  2. 営業代行会社の実績や事例を開示しているか
  3. 導入しやすい料金体制であるか
  4. 個人事業主に理解のある営業代行会社であるか
  5. 個人事業主に最適な規模感のリード獲得をしてくれるか

 

個人事業主の場合、大手企業と同じように営業代行を活用しても同じようなメリットを得られない可能性もあります。そのため、事前にしっかりこれら5つのポイントを確認しておきましょう。

 

1.自社の商品や顧客ニーズに対応できる営業代行会社かどうか

一口に営業代行といっても、それぞれの営業代行会社には得意な分野・規模・領域は異なります。自社の商品や顧客ニーズに対応できる営業代行会社でないと、コストをかけて依頼しても大きな効果が望めないでしょう。

そのため自社と親和性のある顧客ニーズを捉え、的確な提案や営業戦略があるかどうかが営業代行会社選びにおいて大切な指標になります。もちろんそのためには、事前に自社のニーズを明確にしておく必要もあります。

 

2.営業代行会社の実績や事例を開示しているか

営業活動の効率化を目指して費用をかけている営業代行ですから、ある程度の結果は残したいと思うのは当然のことでしょう。そのため高い確率で結果を残したいのであれば、実績のある営業代行会社に依頼することが大切です。

例えばテレアポであれば、テレアポで実績のある会社、新規開拓事業であれば新規事業で実績のある会社が良いでしょう。とはいえ、実績がないにも関わらず実績があるように宣伝している代行会社も少なくありません。

ホームページ等で営業実績や事例を開示しているかどうかの確認や、お客様の声や口コミなどの情報、まわりに営業代行を利用している人がいればリアルな感想も聞いておきましょう。

 

3.導入しやすい料金体制であるか

3.導入しやすい料金体制であるか

個人事業主は大手企業と違い、営業に多額の費用を捻出できない可能性もあるため、導入しやすい料金体制かどうかは重要なポイントです。自社にマッチした実績のある営業代行会社でも費用面で圧迫してしまえば、営業代行活用の継続が難しく赤字にもなりかねません。

だからといって費用にこだわり過ぎてニーズに合っていない営業代行会社に依頼すれば、効果も得られないでしょう。まずは自社が営業代行を探している目的をはっきりとさせ、費用とともに業務内容も目的を満たすかどうかを、事前に判断しなければなりません。

 

4.個人事業主に理解のある営業代行会社であるか

予算に余裕のある企業に比べて個人事業主は余裕がないことが多いため、営業代行会社では個人事業主からの依頼を受け付けていないケースもあります。そのためまずは依頼できる会社かどうか確認することはもちろん、個人事業主に理解のある会社であるかどうかも確認すべきでしょう。

また、豊富な個人事業主の営業代行経験があるかどうかも重要なポイントです。個人事業主の場合、ちょっとしたことですぐにリソースは埋まり、経理面も流動的になりがちなためです。

営業代行会社が利益確保に最優先になってしまうことは仕方のないことではありますが、その中でも個人事業主の課題や悩みに寄り添ってくれる会社を選んだ方がいいでしょう。

SakuSakuでは個人事業主の悩みに寄り添い、低価格で依頼を受けているので費用を抑えたい個人事業主の方におすすめです。低コストで見込み客を獲得したい方は、問い合わせフォーム営業のSakuSakuへぜひ一度お問い合わせください。

今すぐSakuSakuを利用する

 

5.個人事業主に最適な規模感のリード獲得をしてくれるか

営業活動はやみくもに商談まで獲得すればいいわけではありません。個人事業主に最適な規模感のリード獲得をしてくれるかがとても重要です。

アポイントは獲れても、提供側のキャパを超えるような規模感になってしまってしまえば、何をやっているのか分からなくなってしまいます。そのため、対応可能範囲にあった規模感の企業と商談を取り付けることに注力することが最も優先すべき条件です。

ただし、規模感が小さ過ぎる会社に対しては営業効果が見込めない可能性も高いです。そのため、自社が対応できるギリギリの規模感を設定して、営業代行を行ってくれる営業代行会社を選ぶ必要があります。

 

まとめ:上手く営業代行を活用して営業の効率化を目指そう!

まとめ:上手く営業代行を活用して営業の効率化を目指そう!

個人事業主の場合、営業代行に費やせる予算やリソースに余裕がないため、営業代行を利用する際にはその選び方に制限がかかることも多いです。しかしながら、個人事業主も上手く営業代行を活用することで、効率的に商談へと結び付けられます。

上手く活用するには、今回紹介したメリット・デメリットや確認すべきことを参考に、自社に合った営業代行会社を選びましょう。利益を優先せず個人事業主の悩みや課題に寄り添う営業代行会社を活用することで、営業の効率化を目指せます。

SakuSakuは個人事業主の悩みに寄り添った営業代行を行う、営業代行会社です。手軽に営業代行を活用できるように低価格で依頼を受けているので、費用を抑えたい個人事業主の方におすすめです。営業代行を活用したい個人事業主の方は、ぜひご活用ください。

今すぐSakuSakuを利用する