「営業代行を依頼したいけど、フリーランスと会社どちらが良いの?」「フリーランスの営業代行でも会社と同じくらいの成果は出せるの?」といった疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そのような悩みを持つあなたのためにそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

メリット・デメリットを参考にあなたの企業にはどちらが合っているのかを見定めていきましょう。

リードの獲得などで悩みがある方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する

フリーランスに営業代行を頼むメリット

話し合う男性たち

フリーランスに営業代行を頼むメリットは下記の3つです。

  • 柔軟な対応を受けられる
  • 依頼費用が比較的安くなる傾向にある
  • 特化した分野がある

柔軟な対応を受けられる

フリーランスは会社のような規定を設けていない人がほとんどなので、明確なルールがなく、柔軟な対応をしてもらえる傾向にあります

会社に依頼をすると別料金がかかってしまうようなものも、本人の裁量で決められるため、細かい指定をしたい時や営業代行会社に断られてしまった内容がある場合には相談をしてみると良いでしょう。

依頼費用が比較的安くなる傾向にある

依頼料金にある程度の相場はありますが、依頼費用は個人で設定しているため、周囲よりも安く依頼を受けてもらえる場合があります

会社への依頼を検討していて、見積り額が高いと感じている場合は相談をしてみるのがおすすめです。

しかし、実績のあるフリーランスだとかえって費用がかかることもありますので、注意しましょう。

特化した分野がある

フリーランスの営業代行にもこれまでの経験等から得意とする分野があります。そのため、依頼内容によっては期待値以上の効果を生み出すことが可能です。

例えば、元々働いていた会社では不動産系の営業代行を行っていたなど、知見が必要な業界の場合にはとても有利に働くでしょう。

会社と違い、固定された人材が営業活動に取り組むので、あなたが頼みたいと考えている人材に確実に頼めるのも大きなメリットです。

もし、専門的な知識が必要な商材を取り扱う場合には、その分野に特化したフリーランスを探すと良いでしょう。

フリーランスに営業代行を頼むデメリット

頭をかく女性

フリーランスに営業代行を頼むデメリットは下記の3つです。

  • 多くのリソースが必要な案件は依頼しにくい
  • 理想に叶う人が見つけにくい
  • 多くの案件を抱えていると、対応が遅くなることもある

今すぐSakuSakuを利用する

多くのリソースが必要な案件は依頼しにくい

フリーランスはほとんどの場合チームではなく、個人で活動しているため、人的リソースが限られています

そのため、大勢へのテレアポを依頼したいなど、多くのリソースが必要な場合には対応できないことも多いです。

また、フリーランスは1人で作業をすることが多いので、毎月同様の稼働量で依頼をしても請け負っている依頼の量によっては成果にバラつきが出ることもあるでしょう。

理想に叶う人が見つけにくい

フリーランスの営業代行を探す際には、クラウドソーシングサイトなどを活用します。クラウドソーシングサイトは誰でも登録できるので、フリーランスのレベルがまちまちです

そのため、いざ契約をしたら営業のレベルが低く、お金を支払っても理想の結果が出なかったということもあるでしょう。

また、得意とする分野ではなかった場合も、満足のいく成果を得られないことがあるので注意です。

多くの案件を抱えていると、対応が後回しになることもある

フリーランスの方も収益を上げるために多くの案件を抱えることも多いです。その際は複数の対応を1人で行うことになるので、対応を後回しにされることも考えられます

そのため、スムーズな連絡が取れなかったり、正確な報告をもらえないということもあるので注意が必要です。

会社に営業代行を頼むメリット

説明をする男性

会社に営業代行を頼むメリットは下記の4つがあります。

  • 多くのリソースを活用できる
  • 豊富な実績からさまざまな業種に対応できる
  • 依頼者側にかかる手間を少なくできる
  • 能力が全員一定以上なので安心して依頼できる

今すぐSakuSakuを利用する

多くのリソースを活用できる

会社には多くの社員がいるので、自社が必要としている分のリソースを活用することができます

そのため、大規模のプロジェクトで確実な成功を収めたいという場合などにおすすめでしょう。

また、フリーランスよりも一人ひとりのリソースに余裕があるので、素早い対応をしてもらえることが多いのもメリットです。

豊富な実績からさまざまな業種に対応できる

会社にはさまざまな依頼が来るため、幅広い業種での営業経験があります。そのため、どのような依頼でもある程度の成果が期待できるでしょう。

例えば、過去にあった事例などから最適な対応を導き出してもらうことも可能です。

また、今までの活動からのコネクションなどを活用することで独自のルートでの営業を行ってもらうこともできます。

依頼者側にかかる手間を少なくできる

フリーランスに依頼する場合には、依頼者側でもリストを用意したりという手間がかかる場合もあります。

会社に依頼することで、独自の営業リストを作成してもらうところから、営業を行うところまで一貫して行ってもらうことが可能です。

能力が全員一定以上なので安心して依頼できる

フリーランスだと能力のバラつきが大きいので、いざ依頼をするときに不安を感じるという方も多いでしょう。

会社では全員に研修などを行い、能力に大きなバラつきが起きないようにしています。そのため、誰に対応をしてもらっても安定した結果を得られることが多いです。

できる限り安定した成績を上げてもらい、費用を無駄にしたくないという方は会社に依頼するのが良いでしょう。

会社に営業代行を頼むデメリット

悩む男性

会社に営業代行を頼むデメリットは下記の2つです。

  • 規定により依頼内容が限られることもある
  • 費用がかさみやすい

規定により依頼内容が限られることもある

会社は組織として営業を行うため、規定がしっかりと定められています。そのため、少し無茶な要望をしても通らないこともあるでしょう。

フリーランスへの依頼であれば、その人の裁量になるので、サービスの範疇を超えた要望でも対応をしてくれる可能性があります

あなたの依頼したい内容が定まっていなかったり、急な変更が起こったりする場合にはフリーランスへの相談を考えても良いでしょう。

費用がかさみやすい

会社では多くのリソースが活用でき、営業に関する活動を一貫して依頼できる代わりに費用が高くなってしまう傾向にあります

料金も規定で定められているため、交渉がしにくく、予算を超えた金額になることも多いです。

もし、費用が限られている中で営業代行を依頼したい場合にはフリーランスがおすすめでしょう。

まとめ

フリーランスは会社に比べて費用も抑えることができて、急な要望にも柔軟に対応してもらうことができる反面、リソースが限られてしまうのが大きなデメリットです。

一方会社へ依頼をすると、多くのリソースを活用することができるため、大規模な案件でも満足のいく対応をしてもらえるでしょう。しかし、その分金額もかかってしまうため、予算を超えてしまう場合もあります。

ご紹介した内容を参考に、あなたの依頼したい内容にはどちらの形態があっているかを検討して依頼をしてみてください。

リードの獲得などで悩みがある方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。また、文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する