2021.10.31

「営業外注のおすすめ業者が分からない…」と悩みを抱えている企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、営業外注を依頼するうえで重要なポイントについて解説しています。

売り上げ向上や自社で抱える課題を解決するためにも、自社のサービスにマッチした外注業者に依頼するのがおすすめです。

営業活動の外注を検討している企業はぜひ参考にしてみてください。

また、営業の外注には低コストで半自動的に見込み客を量産できるSakuSakuがおすすめです。営業の外注を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

今すぐSakuSakuを利用する

 

営業外注とは?効果的に顧客へアプローチが可能

営業外注とは、自社のサービスや商材を売り込むセールス活動を外部の企業に依頼することです。

外注先によっては、営業だけではなく、その後のフォローや商談・マーケティング活動のアドバイスまで対応しています。そのため、自社の営業マンの負担を減らしながら効果的に顧客へアプローチすることが可能です。

とくに発足から間もない企業や営業成績に伸び悩んでいる企業にとって、おすすめのサービスだと言えるでしょう。

 

営業外注のメリットは?リソース不足の企業におすすめ

企業が発展をするうえで、新規開拓やすでに取引のある企業への再アプローチといった円滑な営業活動が必須です。

しかし、自社で多数の営業マンを抱えていても、良い成果が補償される訳ではなく、結果的に人件費のみが増加してしまう可能性があります。

営業外注を依頼すると固定費を削減しつつ人的リソース不足も解消し、売り上げの向上が見込むことが可能です。

営業外注を使用するメリットは以下の通りです。

  • 人的リソース不足を解消できる
  • コストを削減することができる
  • 外注先は営業のプロであるため、即戦力を期待できる

 

人的リソース不足を解消できる

営業担当者を一人前に育て上げるには多くの経験を積む必要があり、一朝一夕では困難です。

また、優秀な営業マンを獲得するには質の高い採用活動を行う必要があり、起業して間もない場合はかなりの時間とコストがかかってしまいます。

そこで、営業活動を外注へ依頼することで社内のリソース不足が解消され、人員を他へと回すことができます。営業を外注に任せてしまうことで、自社の他業務へ注力することができます。

そのため、創業して日が浅い企業や営業担当者を育成する時間がない企業におすすめです。

 

コストを削減することができる

採用活動や営業マンの教育には、多くの時間とコストがかかります。

大手の転職媒体などを使用して採用を行っても、優秀な人材が確保できず高額の費用が無駄になる可能性があります。また、採用にかかるコストは、転職媒体の使用料以外にも採用担当者の人件費など様々です。

営業外注を依頼すると一時的にコストはかかりますが、中長期的なコスト面で見ると採用・育成を自社で行うよりも、結果的に費用を抑えることができます。

コストを削減しつつ、新規顧客を獲得したい、売り上げを向上させたいと考えている企業におすすめです。

 

外注先は営業のプロであるため、即戦力を期待できる

営業活動を外注へ依頼すると、即戦力の営業マンがセールス活動を行います。

これまでに様々なサービスや商材の営業を担当した営業のプロなので、状況に合わせた販売方法で自社のサービスをアピールしてくれるため、売り上げの向上が期待できるでしょう。また、自社の営業部門の課題を客観的に指摘してもらうことで、業務の効率化や営業戦略の見直しに貢献してくれます。

営業成績が伸び悩んでいる企業や早急に売り上げを向上させたい企業にもおすすめと言えるでしょう。

SakuSakuなら営業のプロにより一社一社カスタマイズされたリストに対して、低コストで営業することが可能です。営業の外注を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

今すぐSakuSakuを利用する

営業外注のデメリットは?代行会社の見極めが重要

営業外注を依頼することで生じるデメリットもあります。

現在雇用している社員の人件費にプラスして、外注費が必要です。報酬形態によって費用は前後しますが、決して安い費用ではありません。

そのため、自社のサービスや商材に合わせて代行会社を選びましょう。

営業外注のデメリットとしては以下の通りです。

  • 安価な商品に向いていない
  • 営業活動をすべて依頼することになる
  • 情報流出の可能性がある

 

安価な商品に向いていない

営業外注を依頼する商品の価格が安価だった場合、外注費の方が高くなってしまい、売り上げがマイナスになる可能性があります。

外注費は最低でも営業マン一人当たり20万円から30万円の費用がかかります。そのため、安価な商品を販売するのであれば、高い販売目標を設定する必要がありますが、一人当たりの販売数には限度があります。

安価な商品の場合は、営業外注を依頼するかどうか再度、検討する必要あるでしょう。

 

営業活動をすべて依頼することになる

営業外注を依頼するということは、販売活動のすべてを社外の営業マンに一任している状態です。

自社の営業マンであれば社内間のため情報共有が簡単に行えますが、営業活動を外注していると状況をすべて把握することは難しいでしょう

外注業者によってはクレームなどが発生し、結果的に自社の信用を失うことに繋がることもあるため、代行会社は慎重に選びましょう。

 

情報流出の可能性がある

営業を社外の企業に依頼するため、情報が流出してしまうリスクが上がります。

もしも情報流出が発覚した場合、社会的信用を失い、契約の打ち切りや損害賠償を請求されることもあります。安心して営業代行を利用するためにも、信頼できる営業代行会社かどうかを見極めることが重要です。

また、もしもの時のためにNDAと呼ばれる機密保持契約を必ず締結しておきましょう。

 

営業代行の費用を3つの報酬形態で解説

営業代行の費用を3つの報酬形態で解説

それでは、営業代行の報酬形態について解説します。

報酬形態は「成果報酬型」「固定報酬型」「固定費用+成果報酬額」の3つです。

報酬形態によって費用が大きく異なるので、営業代行を依頼する商品や代行会社が提示してきた条件をしっかりと比較して、外注先を選びましょう。

成果報酬型

成果報酬型は、売り上げに応じて報酬額が変動するシステムです。実際の営業成績に合わせた費用を支払うので、無駄なコストを削減できます。

ただ、代行会社によっては売り上げのために強引な営業を行う場合があるので注意が必要です。最悪の場合、トラブルやクレームに発展するので、こまめな情報共有を行いましょう。

費用の相場は売り上げの30%から50%、一件アポイントメントを取得するごとに15,000円ほどが目安となります。

 

固定報酬型

営業成績に関わらず、契約で定めた報酬を毎月支払う形態が固定報酬型です。

あらかじめ費用が定められているので毎月の費用の計算がしやすいというメリットがあります。また、想定していた以上の成果を出しても、支払う報酬が変わらないことも特徴です。

反対に、成果が出なくても一定額の支払いが必要なので、営業マンの成果が上がらない場合は無駄なコストになるため、注意しましょう。

費用の相場は一人当たり1日25,000円から30,000円ほどです。

 

固定費用+成果報酬額

文字通り固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた方式です。

毎月定まっている固定報酬の金額を下げ、残りを成果報酬として支払います。

固定報酬型と成果報酬型のメリットを組み合わせているので、様々な職種や商品に対応しているでしょう。

費用は業者によって異なるので、報酬金額の見積もりを複数社からとって比較したうえで企業を選んでください。

 

営業外注会社の選び方のポイントは?5つ紹介

営業外注会社の選び方のポイントは?5つ紹介

最後に営業外注会社の選び方のポイントを紹介します。

紹介するポイントを参考に、営業外注の会社を吟味しましょう。

  • 自社の営業課題を把握しておく
  • 複数社の見積もりをとる
  • 事業や営業の目的を齟齬なく共有しておく
  • 依頼する業務を明確化しておく
  • 報告フォーマットや頻度のすり合わせをしておく

 

自社の営業課題を把握しておく

営業外注業者を選ぶ前に自社の営業課題を明確にしましょう

なぜなら、営業課題に対して的確に問題解決ができる代行業者を選ぶ必要があるからです。

外注業者には社内で解決できない課題を担当してもらうことにより、業務の効率化が図れます。

そのため、自社の課題が明確になっていないと、外注業者側もパフォーマンスを発揮することはできません。

また、自社で解決できない課題のみを外注することで、コストを削減することにもつながります。

 

複数社の見積もりをとる

外注業者を選ぶ際は、複数社に報酬金額の見積もりをとって比較しましょう。

費用の問題だけではなく、外注業者によって得意、不得意な職種や対応している業務の範囲が異なります。

営業代行を依頼する商品や業界に特化した担当者がいる場合があるため、事前に実績などを確認しておくと良いでしょう。

また、依頼する内容ごとに報酬も異なります。複数社から見積もりをとることで、最も良い条件の業者が見つけることができます。

 

事業や営業の目的を齟齬なく共有しておく

自社の営業課題を把握しておく

業務を効率化し、売り上げを向上させるには、両社の協力が必要不可欠です。

そのため、営業代行を依頼する業者には、しっかりと自社の事業や営業の目的を共有しておきましょう。

代行業者がより円滑に営業活動を行うためにも、事前に打ち合わせをし、営業戦略の共有を行うことが重要です。

また、定期的な打ち合わせを実施することで、新たな課題が見えてくる可能性もあるため、こまめに情報共有を行いましょう。

 

依頼する業務を明確化しておく

依頼する業務範囲を明確にすることで、代行業者がより成果を発揮しやすくなります。

外注業者は様々な営業を代行しているため、営業に関するノウハウを持ち合わせていますが、やはり専門の企業には知識や経験では及びません。効果的なアプローチを依頼するには、明確に業務範囲を提示することが重要です。

また、代行業者に営業活動を丸投げしていると、自社で営業ノウハウを築くことができません。代行業者が撤退したことで売り上げが低下する可能性があるため、代行業者の営業活動を参考に、社内でノウハウをブラッシュアップすることが重要です。

それぞれ担当する業務をしっかりと分担して、効率良く業務を進めていきましょう。

 

報告フォーマットや頻度のすり合わせをしておく

営業外注を依頼すると、販売活動のすべてを社外の営業マンに一任することになります。

そのため、定期的に報告や打ち合わせの機会を設けないと、現場の状況を把握することができません。

営業活動の課題を見つけ改善を行うためにも、両社で報告の頻度や報告フォーマットを決めておくと、打ち合わせがスムーズに進むでしょう。

 

お問い合わせ営業代行サービスSakuSakuで解決

お問い合わせ営業代行サービス「SakuSaku」は、お問い合わせフォームからの営業を得意とし、多くの企業を支援しています。

問い合わせフォームからの営業は、テレアポや飛び込み営業と比較してメールの開封率が高いです。

また、決裁権を持つ担当者が問い合わせメールを確認することが多いため、商談に繋がりやすく、成約の可能性が向上します。

SakuSakuに外注を依頼することで一件ずつ問い合わせフォームへメールを送る工程を省くことができ、定期的な新規顧客とのアポイントメントの獲得やコスト削減が可能です。

セールスコンサルタントのプロが専属パートナーとして営業に関する相談やサポートを行うため、リード客に的確にアプローチしたいという方は、ぜひ検討してみてください。

 

まとめ:自社の課題にあった営業外注会社を見つけよう

営業活動を外注業者に依頼することで、社内のリソース不足を解消しつつ売り上げの向上が期待できます。

確かに外注費が発生しますが、中長期的な観点でみると一から営業マンを採用・育成するよりもコストを抑えることができるでしょう。

全ての営業活動を社外の営業マンが担当するため情報共有の面が不安だと感じるかもしれませんが、事前に打ち合わせの頻度や報告フォーマットを決めることで優れたパフォーマンスを発揮します。

幅広い業種や商材に対応しているので、自社の営業活動に課題を抱えている企業は、ぜひ依頼を検討してみてください。

また、営業の外注には低コストで半自動的に見込み客を量産できるSakuSakuがおすすめです。営業の外注を検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

今すぐSakuSakuを利用する