営業マンは顧客に対して商談をしにいくだけでなく、顧客の管理やアフターフォローなど多くの業務があります。

そのため、営業以外の業務に追われてしまうこともあり、営業活動に割く時間が減ってしまうということも多いでしょう。

そこで、営業ツールを導入することによって、今までの事務作業が効率化できます。

ここでは、どのような営業ツールがあるのかということからおすすめの営業ツールをご紹介します。

なかなか新規開拓ができずに悩んでいる方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する

営業活動に使えるツールの種類

グラフを画面に表示させる男性

営業活動に使えるツールの種類は下記の3種類があります。

  • マーケティング業務を効率化するMA
  • 営業プロセスの自動化ができるSFA
  • 顧客管理等から売り上げの向上を目指すCRM

マーケティング業務を効率化するMA

MA(マーケティングオートメーション)は、リードを管理して、新たな顧客を生み出すために必要な業務を自動で行い、効率化することができるツールです。

例えば、マーケティングに必要なWebサイト作成をサポートする機能やリードのステータスを管理する機能などがあります。

営業プロセスの自動化ができるSFA

営業プロセスを自動化することで、より業務を効率的に行えるようにするのがSFAの役割です。

顧客の管理機能や商談ごとの記録を行う案件の管理機能があります。

案件などを管理することによって業務プロセスの可視化もできるため、戦略も立てやすくなり、営業活動をさらに良くできるでしょう。

顧客管理等から売り上げの向上を目指すCRM

顧客のデータを分析し、今後の営業活動で、さらなる成果を出したいというときに使えるのがCRMです。

購買頻度などから、顧客に対して適切なメールを送る機能などもあるため、有益な情報を送ることで顧客との関係性を築き、継続的な関係を保つこともできます。

多くの顧客を抱えていて、なかなか一人ひとりにアプローチができていないというときにはとても重宝されるでしょう。

今すぐSakuSakuを利用する

営業ツールを活用するメリット

ホワイトボードを指して説明をする男性

営業ツールを活用するメリットには下記の3つがあります。

  • 営業効率を上げられる
  • 顧客のニーズを正確に掴める
  • 営業活動で手の回らないところを補える

営業効率を上げられる

営業ツールを活用することで、今まで顧客の管理などに割いていた時間を減らすことができます。

そのため、今まで事務作業などで、多くの顧客を抱えることができなかったという営業マンの方も、より多くの顧客を抱えられるようになるでしょう。

このように自分で行わなくてもできる業務を任せることで、業務の効率化を図ることが可能です。

顧客のニーズを正確に掴める

顧客の購買行動などを分析することで、顧客のニーズはどのようなものなのかを掴むことができます

そうすることで商談時には相手にどのような商品を提案したらよいか、どのようなメリットを提示すればよいかを事前に把握しておくことが可能です。

事前にニーズが掴めていれば最適な提案ができるため、相手の時間も奪わず、最適な商談ができるでしょう。

営業活動で手の回らないところを補える

営業活動を行なっていると、顧客の管理やアフターフォローなどで手の回らない部分が出てきます。そのような部分を補ってくれるのが営業ツールの役割です。

また、事務作業が苦手などという場合には、ツールに任せることで、自分で行うよりも高い精度で顧客管理などが行えます

営業活動におすすめのツール7選

パソコンと表示されるアイコン

営業活動におすすめのツールは下記の7つです。

  • 顧客体験が設計できるMarketo
  • 情報の見える化を行えるRemix CLOUD
  • いつでもどこでもデータ管理が行えるSales Cloud
  • チーム間の連携を強化できるHubspot
  • AIを活用したアドバイスが受けらえるSenses
  • 企業情報を閲覧してアプローチ先を検討できるSansan
  • 電話の内容を文字起こしして抜け漏れをなくせるpickupon

今すぐSakuSakuを利用する

顧客体験が設計できるMarketo

公式サイト https://jp.marketo.com/
サービス内容 MA
プラン お問合せください

顧客の行動をトラッキングすることによって顧客との適切な関係を築くことができるのが、Marketoです。

さまざまな顧客の行動データを蓄積して、機能を駆使していくことで、顧客体験を設計することができて、顧客との関係の向上を目指せます。

また、社内のデータの整備やフォローメールの送信なども自動化できるため、マーケティング担当者の負担を減らすこともできるでしょう。

情報の見える化を行えるRemix CLOUD

公式サイト https://www.e-sales.jp/
サービス内容 CRM/SFA
プラン スタンダード    ¥11,000
ナレッジシェア   ¥6,000
スケジュールシェア ¥3,000

情報を見える化し、より効率的な営業活動の支援を行なってくれるのがRemix CLOUDです。営業活動も可視化されるため、リモートワークで難しくなっているマネジメントなども行いやすくなります。

情報の共有も容易になるので、報告などに使用していた時間を短縮することも可能です。

また、導入してから社内に定着するまで専属のチームがサポートをしてくれるので、安心して導入できるでしょう。

いつでもどこでもデータ管理が行えるSales Cloud

公式サイト https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/overview/
サービス内容 SFA
プラン Essentials  3,000 円(税抜)/月
Professional 9,000 円(税抜)/月
Enterprise  18,000 円(税抜)/月
Unlimited   36,000 円(税抜)/月

顧客との関係の強化から、商談の成立までをいつでもどこでも行うことができるのが、Sales Cloudです。連絡先の管理や商談の管理から、メールアラートなどのプロセスの自動化を行うことができます。

モバイルアプリも用意されているため、外出先でパソコンが触れない場合でもデータの確認が容易に行えます。

社内の規模によってプランも複数用意されているので、気になった方はぜひ相談してみるとよいでしょう。

チーム間の連携を強化できるHubspot

公式サイト https://www.hubspot.jp/
サービス内容 CRM
プラン Starter     ¥5,400/月
Professional ¥96,000/月
Enterprise  ¥384,000/月

Hubspotはマーケティング、営業、カスタマーサービス、オペレーションのチーム間連携を強化することで、社内で発生してしまう摩擦をなくすことができるツールです。

単一の記録システムを用いているため、引き継ぎをより円滑に行えるようになり、顧客体験を損なわないようにすることができます。

また、無料で使用できるプランでもコンタクトの管理やWebサイトのアクテビティを確認できるため、一度試してみてはいかがでしょうか。

AIを活用したアドバイスが受けらえるSenses

公式サイト https://product-senses.mazrica.com/
サービス内容 SFA/CRM
プラン Starter    ¥25,000〜/月
Growth   ¥100,000〜/月
Enterprise ¥300,000〜/月

SensesではAIを活用した案件のリスク分析などを行い、アドバイスを受けることができます。データ入力もスマホから手軽に行える上に、自動での文字起こしも可能です。

日々の営業プロセスを時系列で表示させることができるため、現状の把握も容易にできます。

Chrome拡張機能を利用することで、Gmailでのやり取りをSenses内に取り込むこともでき、メール内容や予定を自動的に反映させることもできます。

企業情報を閲覧してアプローチ先を検討できるSansan

公式サイト https://jp.sansan.com/
サービス内容 営業DXサービス
プラン お問合せください。

企業のデータベースを搭載しているので、どこの市場にアプローチをしようか探しているというときに役立つのがSansanです。

企業情報や役職者情報なども閲覧することができるため、企業内の誰にアプローチをすればよいかもすぐにチェックできます。

名刺の管理をデータで行うことができたり、顧客との接触情報を記録できたりとデータの管理も手軽に行えるため、データを活用した効率的な営業活動ができるでしょう。

電話の内容を文字起こしして抜け漏れをなくせるpickupon

公式サイト https://service.pickupon.io/
サービス内容 音声記録サービス
プラン 1ID ¥6,000円/月〜+通話料金

電話営業をしている際に、聞き逃してしまったことやメモをし忘れてしまうことがないように、会話の記録が残せるのがpickuponです。

自動で音声をテキスト化し、営業管理ツールへ反映させてくれるので、電話時の負担を減らしたいというときに重宝されます。

また、顧客とのやり取りが記録されているので、属人化されることを防ぎ、社内での引き継ぎも円滑になります。

まとめ

営業ツールを使用するメリットには下記のようなものがありました。

  • 営業効率を上げられる
  • 顧客のニーズを正確に掴める
  • 営業活動で手の回らないところを補える

営業を行う中で、さまざまな業務がありますが、事務作業を効率化することで、顧客対応に使える時間を増やすことができます。それが結果的に次回の受注などにつながり、営業成績を伸ばすこともできるでしょう。

今回の記事を参考に、営業ツールを導入してよりよい営業活動を目指してみてください。

なかなか新規開拓ができずに悩んでいる方は営業代行への依頼がおすすめです。SakuSakuではメールの件名の作成から、リスト作成や本文の作成まで行います。文面のA/Bテストなども行うことでより高い成果を上げるサポートをします。

今すぐSakuSakuを利用する