悩む男性

税理士として独立したものの、思いのほか営業が上手くいかず困り果てている方は多いのではないでしょうか。

この記事を読めば税理士がオンライン、オフラインでどのように集客すべきかがわかります。今回は税理士の方向けに効果的な集客方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

また、税理士の集客がうまくいかない、業務に集中したいという悩みを抱えているのであれば営業代行サービスの利用がおすすめですSakuSakuで(サクサク)は、リストの作成、商談打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いします。一社一社内容を変えてメール文面を作成し、読まれるメールを目指します。文面のA/Bテストを行うことでより高い成果を上げるサポートもいたしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料相談する

税理士の効果的な集客方法8選

話し合う男性たち

税理士の方向けの集客方法をオンライン、オフラインに分類してご紹介します。

オンラインでの集客方法

オンライン集客とは主に検索エンジンやネット広告、メディアを用いて、自社の問い合わせ数や自社HPのアクセス数を増やしていく活動のことです。

税理士として、高いスキルやサービスを提供していても、集客の方法を間違えれば売上には繋がりません。ここでは税理士におすすめなオンラインでの集客方法で代表的なものを4つ紹介します。

  • SEO対策をする
  • Web広告を活用する
  • SNSを活用する
  • 税理士紹介サイトに登録する
  • 問い合わせフォーム営業を依頼する

 

SEO対策をする

SEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化) とはGoogleをはじめとする検索結果上位を獲得する対策のことです。検索エンジンが理解しやすいように自社のWebサイトを最適化していくと順位は上がっていきます。

SEO対策は以下の3つに分類されます。

主なSEO対策 主な内容
内部対策 内部対策の目的はクローラーやユーザーが認識しやすいページにすることです。ホームページを構成するHTMLタグやテキスト、画像やリンクといったサイト内部の要素を最適化させることによってコンテンツの内容を検索エンジンに正しく伝える。
外部対策 主に被リンクを獲得するために、自社のWebサイトやコンテンツのURLを外部サイトに宣伝するSEO対策のことです。
コンテンツ制作 検索意図に沿うコンテンツを発信して、検索からの集客を目指すSEO対策です。

 

一方で、コンテンツがGoogleに評価されるのは3か月~半年程度かかることが多いです。そのため、すぐに効果がでるわけではありません。SEOの効果は、約半年〜1年程度で実感できるので、中長期的な目線が必要です。

効果が出れば費用をかけることなく一定の集客が見込めるため、資産性の高い方法と言えます。

Web広告を活用する

ネット広告は、インターネット上の広告の総称で、デジタル広告、オンライン広告とも呼ばれます。

代表的なネット広告の種類と、特徴は下記の通りです。SEOでなかなか上位表示できない場合や短期的に集客をしたい場合に効果的です。

主なネット広告 主な特徴
リスティング広告 検索エンジンでキーワード検索をした際に、クエリ(入力キーワード)に合う広告が表示されます。
SNS広告 ターゲティングの精度が特徴で、登録情報の詳細、SNS内での行動データから表示されます。
ディスプレイ広告 広告の掲載枠があるWebサイト内に表示されます。Webサイトや動画サイトに、テキスト、画像、動画の形式で表示されます。
YouTube広告 ほとんどは動画再生の前か途中に表示されるため、自然と目に入ってきます。

動画であるため伝わりやすく、スキップまで確実に見てもらえるという点も特徴です。

 

SNSを活用する

メールを打つ人

SNS集客とはリアルタイムでユーザーの反応を確認でき、拡散力も高いSNSの特徴を生かした集客方法です。

主にFacebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどありますが、ターゲットに合わせてそれぞれの特性を活かした集客をしていく必要があります。経営者が主な顧客層となるのであればFacebook、Twitter、LINEなどがおすすめです。ビジネスシーンや経営層も多く効果が高いものから使っていきましょう。

主なユーザー層 主な特徴
Facebook 30代~40代男女 ほとんどが実名登録で、ビジネスシーンの利用が多い
Twitter 10代~30代男女 他のSNS と比べていいね・リツイート機能があるため、拡散性が高い
LINE 全世代 インフラ化したSNS、通知が届くためメッセージの開封率も高い

 

税理士紹介サイトに登録する

「税理士紹介会社(顧問先紹介会社)」や、税理士向けポータルサイトに登録しておくとマッチングの際に声がかかるのでおすすめです。

無料で登録ができる点が魅力的ですが、顧客の紹介にあたり紹介料は発生します。税理士の登録者数や紹介実績などを基準に登録しましょう。

主な税理士紹介サイト 登録者数 紹介実績
税理士ドットコム 6,231名 198,047件
ビスカス 税理士紹介センター 非公表(事務所登録3,600か所) 150,000件
税理士紹介エージェント 非公表(事前審査があるため登録者は厳選されている) 非公表
日本税理士紹介センター 非公表 45,000件

 

問い合わせフォーム営業を依頼する

問い合わせフォーム営業とは企業などのホームページ上に問い合わせ先として用意されているフォームを利用し、営業活動を行う方法です。

問い合わせフォーム営業の場合、営業メールに比べ、決裁権を持つ人がメールを確認している場合があります。件名を工夫する手間が省ける上に、決裁権者が内容を確認してくれる可能性があるため、効率的にアポイントを獲得することが可能です。

問い合わせフォーム営業代行サービスのSakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いします。一社一社メール文面を作成し、開封率の高いメールを目指します。文面のA/Bテストを行うことで集客力向上のサポートをしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料相談する

オフラインでの集客方法

経営層にはオフラインでのみ活動している方も多いので税理士の方は下記のようなオフライン集客も続けていくことが効果的です。

  • チラシを作成する
  • セミナーや相談会を開く
  • 金融機関や他の士業から紹介してもらう
  • 友人や知人に営業する

 

チラシを作成する

チラシは自分で作成する方法と外部へ委託する方法があります。フリーランスのデザイナーで5~30万円、広告代理店で15~30万円前後の費用が目安です。

内容に関してはターゲットを明確にし、伝えたい内容やポイント、専門性が一目見て伝わるように心掛けましょう。

チラシは定期的に配布することで、地域への認知に効果的です一方でチラシの作成や配布にコストがかかる、まったく関係のない層にも届いてしまうなどデメリットもあるので配布先や枚数には注意が必要です。

セミナーや相談会を開く

税理士に相談してみたいけどハードルが高いなどの悩みを持った潜在層を呼び込むために、セミナーや相談会を開催しましょう。信頼関係を新たに構築し、いざという時に相談できる心強い税理士となれます。

自分の生活に関係することですので、税理士を選ぶ際には人柄や雰囲気、対応力などが見られます。直接人柄や強みを伝えられるセミナーは見込み顧客づくりに有効と言えます。しかし、セミナーや相談会は事前集客に力を入れないといけない点には注意をしましょう。

金融機関や他の士業から紹介してもらう

金融機関や他の士業は経営者層を顧客に持っていることが多いです。そのため、顧客の相互紹介の関係になることも期待できます。お互いにメリットのある関係なのでコツコツ人脈を作っていくことで費用をかけず効果的に集客が可能です。

日頃から得意分野や活動実績も周りに発信していくことがポイントです。困ったときに声をかけて貰いやすくなります。

友人や知人に営業する

先述した通り、金融機関や他の士業に紹介してもらうのも重要ですが、友人や知人にも営業をしておきましょう。こちらも得意分野や実績を知ってもらうことを徹底しておけば紹介に繋がることもあります。

紹介される側も知り合いの紹介で契約した方が安心できるため積極的に行動することをおすすめします。

税理士が集客をする上でのポイント

メールを打つ女性

税理士がオンライン・オフラインで集客をしていく中で、注意すべきポイントについて解説します。

  • 一つの分野に特化していることを強くアピールし差別化する
  • 税理士や他士業との交流を増やす
  • 税理士の知識では対応できない経営や営業に関して専門家に相談をする
  • 営業代行業者の利用

 

一つの分野に特化していることを強くアピールし差別化する

特化しているポイントをうまく伝えることができれば強みになります。

分野に限らず、企業税制に詳しいのか、節税に詳しいのか、大手か個人かなど自社独自の特化ポイントを見つけましょう。

特化ポイントが見つかったら相手に届くようにアピールし、競合優位性を主張します。強力なクロージングトークも作ることができます。

税理士や他士業との交流を増やす

同じ税理士や士業の方なら集客方法や人脈作りなどの悩みを乗り越えてきたはずです。そういった方たちとの交流は大変有意義なものになります。積極的に連絡を取ってみましょう。同業や他士業はライバルであると同時に同じ悩みを持つ仲間にもなります。

営業代行業者の利用

営業をしていく中でどうしても手が回らない、成果が出ないのであれば外部へ委託することで成果が出る場合があります。また、自身は本業に専念できるので、全体最適な運営体制を作れるでしょう。営業マンにテレアポから契約締結まで、丸っと代行してもらうことも可能です。

営業代行サービスのSakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いします。一社一社メール文面を作成し、開封率の高いメールを目指します。文面のA/Bテストを行うことで集客力向上のサポートをしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料相談する

税理士の集客がうまくいかない原因とは

相談する男性

税理士の集客がうまくいかない原因は主に以下の2つです。

  • 実績が不十分である
  • 他社との違いがほとんどない

 

実績が不十分である

実績が不十分な場合アピールするポイントが足りない、信頼されないなど集客活動は難しくなります。

実績が不十分であるなら、地域の交流の場に積極的に参加して信頼を積み上げていきましょう。また、そうやって獲得した案件にしっかり向き合い成果を出していくことで実績は付いてきます。

もちろん、先述したように人脈を作る過程で出会った士業の人たちに積極的に相談することも効果的です。

他社との違いがほとんどない

他社との違いを作れていないと、比べられたときに費用の安い方に依頼されるなど、ほんの些細なことで見込み顧客を競合に奪われてしまいます。

差別化していくには一つの分野に特化し、なんでもできますとは言わないことが重要です。数ある中から選んでもらう時に相手に対して選ばれる理由を作っておきましょう。

集客効率を大幅に向上させるなら「SakuSaku」

おすすめの問い合わせフォーム営業業者はどこ?フォーム営業のメリットも解説

税理士の集客がうまくいかない、業務に集中したいという悩みを抱えているのであれば営業代行サービスの利用がおすすめです。SakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一括して行い、商談数増加のお手伝いします。一社一社メール文面を作成し、開封率の高いメールを目指します。文面のA/Bテストを行うことで集客力向上のサポートをしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料相談する

まとめ|効率良く営業し安定的な顧客獲得をしましょう

オンライン・オフラインでの集客方法、コツやポイント、失敗する原因を解説してきました。参考にしていただき今後の事務所運営にお役立てください。

また、税理士の集客でお悩みの方には営業代行サービスもおすすめです。SakuSakuでは、リストの作成、企業打診まで一気通貫して行い、商談数増加のお手伝いをいたします。一社一社メール文面を作成し、開封率の高いメールを目指します。文面のA/Bテストを行うことで集客力強化のサポートをしますので、ぜひお問い合わせください。

今すぐ無料相談する