2021.11.29

テレアポ代行を依頼したいと思っても、どこに頼めばよいのか選択するのは難しいでしょう。テレアポ代行サービスを選ぶ際は、スタッフの質や過去の実績からどこに依頼するかを決めることが大切です。テレアポ代行サービスのスタッフは自社の看板を背負っており、スタッフの対応が悪いと自社の印象までが悪くなってしまいます。

スタッフの質は業績にも直結し、商品が魅力的でもスタッフの質が悪ければ成果に繋がらないことは例外ではありません。

ただし、テレアポ代行サービスは使い方次第で、依頼料が予算より高くなったり満足的な結果を得られなかったりします。職場を直接見学させてもらえるのが最も良いですが、それが難しい場合は音声データを確認させてもらいましょう。

以下のテレアポ代行サービスは料金形態や実績が充実しており、本記事でもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

目次

テレアポ代行とは?|アポイントを自動で取得してくれるサービス

テレアポ代行サービスは自社の代わりにアポイントを取るサービスで、営業成績の向上を目的に多くの企業が利用しています。電話での営業も、案件を受注するために大切な工程です。

しかし、ターゲットの選定やトークスクリプトの準備などに、多くの時間と工数がかかります。自分の企業がどれだけ素晴らしい商品を持っていても、商談アポイントを取れなければ商品の良さを伝えることは難しいでしょう。

そこでテレアポ業務を外部に任せることで、アポイント獲得後の売り込みがスムーズに進みやすくなります。

テレアポ代行を依頼するメリットは何?|委託するだけで面倒な業務とおさらば!

テレアポ代行サービスに頼ればPDCAの回りが早くなり、また徹底的に話し合うことで改善点を見つけられることが特徴です。委託先の企業によっては、商談成立後に状況まで確認してくれる場合もあります。

また、テレアポ代行を外部に依頼すれば、テレアポに必要な電話機やパソコンなどの機材をはじめとした経費を抑えられるでしょう。通話料が発生しないこともメリットとなるので、テレアポ代行サービスの扱い方次第で経費を大幅に削減できます。

ここからはテレアポ代行サービスのメリットをご紹介するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

人件費削減|正社員に任せるよりもコストを抑制できる

テレアポ代行サービスを利用すると人件費を抑えられ、アポイント1件あたりの費用を安くできますテレアポ業務を自社で行うとなると、従業員の研修費やパソコンや電話機などの機械類に費用がかかるでしょう。

テレアポ業務に割けるリソースは限られているので、テレアポを全て外部に任せて人件費を抑える企業が最近は増えてきました。またテレアポ代行サービスを利用すれば、従業員が効率的にアポイントを取れるために必要な準備期間が必要ありません。

コアな業務に専念|時間のかかるアポ取りを自動で行ってくれます

営業マンの主な仕事は新規顧客を獲得して業務を拡大させることなので、営業回りを行いながらテレアポ業務を行うのは大変です。あまりにも忙しい場合はミスをすることも考えられ、大事なチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

そこでテレアポを外部の専門企業に任せることで、社員は営業回りや事務作業などの各業務に専念できるようになります。1つの業務が減っただけでも、自社における主な業務に専念できるようになるのは大きなメリットです。

プロが営業を代行してくれる|築き上げられたスキルで対応してくれる

テレアポ代行サービスを行う方々は、業務をテレアポに絞っているのでプロしか在籍していません。商談になかなか対応してくれない顧客でも、時間をかけずにアポを取れる可能性が高くなります。

テレアポ代行サービスを選ぶ基準は、経験豊富なスタッフが多く在籍しているかどうかです。テレアポの成功には個人の力量も大切ですが、主に交渉テクニックが優れている必要があります。

そのため、実績をより多く積んだテレアポ代行サービスに業務を委託しましょう。

テレアポ代行のデメリットとは?|自分に合った会社を選択しましょう

テレアポ代行はメリットが多いですが、デメリットもあることを忘れてはいけません。アポイントが取れるまで予算オーバーしたり、電話越しなので商品の良さが上手く伝わらなかったりなどのデメリットがあります。

テレアポ代行サービスによっては自社と業界や業種が異なり、実力がある企業に依頼しても満足的な結果に繋がるとは限りません。代行を依頼する際は複数の企業を比較し、自社と得意分野が同じかどうかを判断する必要があります

ここからはテレアポ代行を利用する際のデメリットをご紹介するので、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

費用対効果が悪い場合も…。料金形態の確認を忘れずに

委託先のテレアポ代行サービスによっては、料金形態とサービス内容が全く釣り合わないことを覚えておきましょう。料金形態は以下の3項目が用意されており、依頼先の企業がどれを採用しているかで費用対効果が大きく変わります。

  • コール課金型
  • 成果報酬型
  • 月額固定型

代行を依頼して成約するまでに高い費用がかかったということがないように、事前にコストシミュレーションを行っておきましょう。そこで、SakuSakuを利用するとテレアポや飛び込み営業を行う必要がなくなり、サクサクと商談を獲得できるのが特徴です。

フォーム送信業務はAIではなく人間が行うので、1社ごとにカスタマイズした営業をすることもできるでしょう。初期費用は5万円がかかりますが、他の企業よりも安価でサポート体制も充実しています。

料金プランもお試しプランであれば85円/件で利用できるので、テレアポ代行サービスの依頼を検討している方はまず資料を請求してみましょう。

SakuSakuの無料資料請求はコチラから

結果が出ないときもある|その会社によって特異なジャンルが異なります

テレアポ代行サービスは企業ごとに能力の差があり、依頼した企業によっては期待通りの結果を得られないことがあります。企業ごとに保有するノウハウやスキルが異なるため、担当者の採用基準や教育方法にバラつきがあることを忘れてはいけません。

また自分が身を置く業界との相性が合わなければ、満足した成果を得ることは難しいことが多いです。テレアポ代行へ依頼する際は、まず「スキルやノウハウのレベルが高いか」「経験が豊富であるか」などに注意して検討しましょう。

テレアポ代行は悪評判ばかり?よくあるテレアポ代行トラブルをご紹介

テレアポ代行サービスに依頼しても、かかった費用とサービスの質が釣り合わなかったことが主なトラブルとして挙げられます。まずは依頼予定のテレアポ代行サービスの得意分野を調べ、自社のニーズと合っているかどうかを判断しましょう。

テレアポ代行サービスにもそれぞれ苦手分野があります。例えば、BtoCを専門に業務を行っている企業にBtoB案件を依頼しても満足的な成果を得られません。

売り込みたい商品の特徴やどんな企業に買ってほしいかを調べ、自社のニーズに合ったテレアポ代行サービスを活用して下さい。

テレアポ代行の相場とは?|3つの料金形態がある

テレアポ代行サービスの料金形態には、上述した通り大きく分けて3つあります。

  • コール課金型
  • 成果報酬型
  • 固定報酬型

それぞれ特徴や相場が異なるので、メリットとデメリットを踏まえた上で自社のサービスに合った料金形態の企業を選びましょう。ここからはテレアポ代行サービスの料金体系をそれぞれご紹介するので、これから代行依頼を予定する方はぜひ参考にしてください。

コール課金型|1コールごとに料金が発生

コール課金型は、電話を1件かけるごとに課金される料金形態です。コールした件数が100件なら、成果に関係なく100件分の料金が発生します。1回のコールで商談が成立すれば費用を抑えられますが、一方で商談が成立しなくても料金が発生するのがデメリットです。

また「商談が成立するまでが1回分」としている企業もあるので、かけ直しに対応してくれるかどうかにも目を向けてください。料金は1回ごとに100円以下で行ってくれるところもあり、なるべく多くの企業と契約を結びたい人におすすめの料金形態です。

成果報酬型|アポイントが取れた時点で料金が発生

成果報酬型はアポイントを獲得するごとに課金される仕組みで、アポイントを獲得できた時にだけ費用が発生します。費用が高くなりにくいところがメリットですが、獲得したアポイントの成約見込みが低くても料金を支払わなければいけません。

上述したコール課金型より1件ごとの相場は高いですが、費用対効果の計算がしやすく工夫次第で料金を上手く抑えられます。単価は業界や業種の難易度ごとに異なり、1件のアポイントで10,000〜50,000円が相場です。

商談の難易度にも寄りますが、費用対効果がとても高く無駄なお金があまり発生しません。

月額料金型|自社アポイントのスキルアップも望める!

月額料金型は、毎月お金を支払ってテレアポ代行してもらう料金形態です。アポイントの獲得数やコール件数に関わらず、支払う料金は毎月変わりません。

アポイントの獲得数に関係なく料金が一律ですが、一方でアポイントの獲得数が少なくても料金が変わらないのがデメリットです。費用相場は1ヶ月ごとに20〜30万円です。

料金は高いですが、コンサルティングが付いていたりスクリーンリーダーのサポートが有効になっていたりなどの特徴があります。

【おすすめ】テレアポ代行会社で人気・実績が多い会社5選!

会社名 特徴 料金形態
株式会社ディグロス アポイントメントの単価は商材の難易度で決まる 成果報酬型
コーキ株式会社 オーダーメイドのトークスクリプトで商談先に最も響く売り込み方を選んでくれる コール課金型
株式会社コムレイズ・インキュベート プロフェッショナルによるマネジメント体制がある 成果報酬型

月型料金型

株式会社完全成果報酬 トレーニングを300時間以上行ったプロがテレアポを代行する 成果報酬型
アップセルテクノロジィーズ株式会社 専属・マルチ型と顧客の要望に合わせた体制構築ができる 要問合せ

 

テレアポ代行サービスに仕事を依頼する際に、自社のニーズに合っている企業を探すのは大変です。どの企業に任せるかを決めるのは、過去の実績を確認するようにしましょう。

同業を請け負ったことがある企業は、アポイント獲得までの流れを掴めていることが多いです。ここからは表記したテレアポ代行サービスについてご紹介するので、外部に仕事を任せたい方は後述する内容を参考にしてください。

①株式会社ディグロス|アポイント獲得に特化!

引用:株式会社ディグロス公式HP

特徴 アポイントメントの単価は商材の難易度で決まる
料金形態 成果報酬型
費用 10,000~50,000円
特化したジャンル 大手不動産

美容商材販売会社

飲食店向け求人サイト運営会社 など

 

株式会社ディグロスは初期費用や固定費用が一切かからず、完全アポイント単価でテレアポを代行してくれます。これまでの導入実績は1,000社以上もあり、ノウハウと経験はとても豊富なので安心して業務を依頼できるでしょう。

またディグロスはアポイントの品質にもこだわっており、お客様への営業リードを提案してくれます。利用した企業のリピート率は90%以上で、アポイントからの成約率は平均で30%以上を誇っているのが特徴です。

ディグロスはリピート率がとても高く、多くの企業がテレアポ代行を委託しています。成約させたい相手企業がいる方は、下記のボタンから自社と相性が合うかどうかを相談してみましょう。

②コーキ株式会社|格安でテレアポ代行ができる

引用:コーキ株式会社公式HP

特徴 オーダーメイドのトークスクリプトで商談先に最も響く売り込み方を選んでくれる
料金形態 コール課金型
費用 1コール:100円〜

2コールパック:165円〜

3コールパック:220円〜

初期費用:55,000円

特化したジャンル 出版業

ソフトウェア

決済代行 など

 

コーキ株式会社は、1コール100円から代行してもらえる業界最安値の「テレアポJAPAN」を採用しているテレアポ代行サービスです。テレアポJAPANは経験豊富なスタッフがテレアポ代行し、新規顧客を余すことなく獲得してくれます。

また顧客になってくれそうな相手をリスト化し、無料で提供してもらえることが魅力です。リアルタイムでアポイントを獲得してくれたり、コール実施日を報告したりするのが特徴でテレアポに費用があまり掛かりません。

なるべく費用を抑えてテレアポの代行を依頼したい方は、ぜひ問い合わせフォームから相談してみてください。

③株式会社コムレイズ・インキュベート|新規開拓におすすめ

引用:株式会社コムレイズ・インキュベート公式HP

特徴 プロフェッショナルによるマネジメント体制がある
料金形態 成果報酬型

月型料金型

費用 成果報酬型:アポ単価15,000円(税抜)~

固定報酬型:1ブース40万円(税抜)~

特化したジャンル ベンチャー投資事業

営業支援事業

採用支援事業 など

 

株式会社コムレイズ・インキュベートは営業のプロがマネジメント体制を構え、テレアポの代行を行っている企業です。営業に関する支援やマネージャーなどを経験した社員が、アポイント率の高いトークスクリプトを作ってくれることもあります。

社内には約1,000万件のデータベースがあり、地域や業種などを絞り込んで自社のコールリストを作成してくれるのが特徴です。依頼内容によっては、トークスクリプトやテレアポのコールリストをプロのスキルに基づいて作ってくれます。

多くの実績を積んできた企業なので、仕事を依頼したい方はぜひ下記のボタンから相談してみてください。

④株式会社完全成果報酬|固定費の削減につながる

引用:株式会社完全成果報酬公式HP

特徴 トレーニングを300時間以上行ったプロがテレアポを代行する
料金形態 成果報酬型
費用 アポイント1件:15,000円~

訪問1件:15,000円~

特化したジャンル WEB解析用ソフトウェア

ITソリューション製品 など

 

株式会社完全成果報酬は、訪問営業やテレアポを代行してくれる営業のプロが集まっています。「完全成果アポインター」は人気サービスの1つで、成約に繋がるアポイント獲得を1件15,000円から代行するのが特徴です。

正社員全員が営業実務トレーニングを300時間以上積んでおり、ハイレベルなトークスキルでアポイントを獲得してくれます。企画・提案書作成やトークスクリプト納品などのオプションも充実おり、アポイント獲得以外の部分でも評判が良いです。

テレアポ代行以外にも依頼したい仕事がある方は、ぜひ下記のボタンから仕事を請け負ってくれるかどうかを相談してみましょう。

⑤アップセルテクノロジィーズ株式会社|5000社以上の導入実績

引用:アップセルテクノロジィーズ株式会社公式HP

特徴 専属・マルチ型と顧客の要望に合わせた体制構築ができる
料金形態 要問合せ
費用 5,000円~
特化したジャンル 食品通販

アミューズメント

人材派遣・紹介 など

 

アップセルテクノロズィーズ株式会社は長年の実績があり、多くの業界に対する受託実績を誇っている企業です。現在は国内外を合わせて500席の席数とリソースがあり、膨大なリストや大規模な案件も安心して任せられます。

テレアポ業務の他にも幅広く発信業務を任せたい方や、自社に合った実績のある企業に依頼したい方には特におすすめです。どの業界にも携わっているので、委託先に悩んでいる方は下記のURLから相談してみてください。

まとめ:テレアポ代行会社の料金形態や特徴を理解して、自分に合った会社を選択しよう!

テレアポの質はコールスタッフの実績や経験で大きく異なるので、料金や知名度だけでなく評判にも目を向けるようにしてください。コールスタッフの経験やテレアポの質を確かめるには、各企業のHPに掲載されている実績や口コミを確認するのが早いです。

他には過去の実績を調べてみるのも1つの方法で、請け負ったことがある業界や業種を調べることで業務がスムーズに進みます。特にSakuSakuは料金形態と実績がともに優れているので、業務を委託したい方はぜひ利用を検討してみてください。

SakuSakuの無料資料請求はコチラから